ページ内を移動するためのリンク



市長応接室

【ちりゅっぴ特別住民票交付式】

平成27年度四半期が過ぎて

 平成27年度も、3か月が過ぎ、知立市では多くのイベントが開催されました。約60年前から受け継がれている「史跡八橋かきつばたまつり」、5町から勇壮華麗な花車が、東海の名社 知立神社に繰り出された「知立まつり」、明治神宮から御下賜いただいた花しょうぶが咲き誇る「花しょうぶまつり」、それぞれ多くの皆様にお越しいただき、大いに賑わいをみせていました。
 知立の長い伝統を感じさせるこれらのまつりは、季節を告げる風物詩としても親しまれております。

知立まつり

 4月1日には、知立市マスコットキャラクター「ちりゅっぴ」に特別住民票を交付いたしました。ちりゅっぴは、知立市をPRするため、日々活動をしております。その1つとして、6月末まで行われました中日新聞主催のJIMOキャラ総選挙にエントリーしたところ、準優勝となりました。東海3県の多くの方々に知立市を知っていただくことができました。多くの皆様に応援していただき、誠にありがとうございました。
 8月からは、全国の自治体・民間等のマスコットキャラクターがエントリーする「ゆるキャラ®グランプリ」の投票が始まります。今後も、知立市外、県外へと多くの方々に知立市の魅力をPRしてまいります。引き続き、応援よろしくお願いいたします。

知立市マスコットキャラクター「ちりゅっぴ」

 そして、知立市の今後の人口減少問題を見据え、知立市まち・ひと・しごと創生本部を立ち上げました。『安定した雇用を創出する』、『新しいひとの流れをつくる』、『若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる』、『時代に合った地域をつくり、安心なくらしを守るとともに、地域と地域を連携する』という4点の国の基本目標をもとに、知立市に住み続けたい、知立市に住みたいまちづくりのための「知立市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定していきます。策定に向けては、これからの未来を担う若者の視点でアイデアを出し合う若手職員プロジェクトも実施し、若い世代の意見を総合戦略に反映してまいります。

 また、知立市図書館が4月23日付けにて、子供の読書活動の実践において優れた成果をあげたということで、文部科学大臣より表彰されました。赤ちゃん絵本コーナーの設置やブックスタート、子供向けのイベントの実施などこれまでの事業が認められました。
 今後も子供たちの読書活動の支援に尽力してまいります。ぜひ、図書館へお子様と一緒にお越しください。

図書館 文部科学大臣表彰

 防災対策としては、5月17日に水防訓練を行いました。本年度は、新たに危機管理局及び機能別分団を組織し、防災対策に更に力を入れております。機能別分団は、市職員や消防団OBを中心に組織され、大規模災害時や防災協定自治体で災害が発生した際の被害調査等に出向く先遣隊の役割を担っています。
 水防訓練では、市職員と消防団員に加え、関係各町の市民の皆様方に参加していただき、風水害による被害を軽減するために、河川巡回や土のう作成、水防工法の訓練を実施しました。防災意識を高く持ち、消防団や消防署等との連携及び市民の皆様方の初動体制の強化を図ります。

水防訓練

 市民の皆様の声を市政に反映するため、直接お話させていただく機会として、「おいでん市長室」や「ふれあいトーク」を実施しております。5月27日と6月30日には、長篠町と山町公民館で「市長出張ふれあいトーク」を行い、知立市の行政について、各町の皆様と意見交換をさせていただきました。
 引き続き、各町へ伺いまして皆様のご意見をお聞かせいただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

市長出張ふれあいトーク

 今後も、誰もが知立市民として誇りを感じていただけるようなまち、住み続けたいと実感し、家庭のように・家族のように感じることができるまちの実現を目指し取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

知立市長 林 郁夫
お問合せ先
サイト管理元 企画部 協働推進課 秘書広報係
電話: 0566-95-0112 ファックス: 0566-83-1141(各課共通)
E-mail: info@city.chiryu.lg.jp

| サイトのご利用について | RSS配信一覧 | 各課の窓口 | 個人情報の取扱いについて |