現在の位置

産前産後期間免除制度

次世代育成支援を目的に、平成31年4月1日から国民年金の産前産後期間免除制度が始まります。

免除期間

出産予定日または出産日の属する月の前月から4か月間(※多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日の属する月の3か月前から6か月間)(以下「産前産後期間」といいます。)の国民年金保険料が免除されます。

 

対象者

「国民年金第1号被保険者」で出産日が平成31年2月1日以降の方

※妊娠85日以上の分娩(死産、流産、早産、人工妊娠中絶)も対象になります。

 

届出期間

出産日の6か月前から

※届出受付は平成31年4月1日以降

 

届出先

刈谷年金事務所(電話 0566-21-2110)

知立市役所 国保医療課 国保年金係(電話 0566-95-0123)

 

届出に必要なもの

出産予定日のわかるもの(母子手帳等)、年金手帳

※出産後に届書の提出をする場合、出産予定日は市町村で確認できるため原則不要ですが、被保険者と子が別世帯の場合は出生証明書など出産日及び親子関係を明らかにする書類が必要

 

施行日

平成31年4月1日

 

お問い合わせ先
国保医療課 国保年金係
〒472-8666
愛知県知立市広見3丁目1番地
市役所1階2番窓口
電話:0566-95-0123
ファックス:0566-83-1141
メールフォームでのお問い合わせはこちら