現在の位置

保育所等への入所について

地震及び台風に対する保育所の対応についての詳細は、下記リンクをクリックしてください。

地震及び台風に対する公立保育所の対応について

保育所等への入所申込について

保育所等に入所するためには

知立市に住民登録し、実際に生活している家庭の子どもで、その保護者が仕事をしているなど、家庭で保育できない理由がある場合に、保育所に入ることができます。ただし、3歳以上児で定員に余裕がある場合は、私的契約児として入所できることがあります。

入所基準

保育所等に入所するには、次に掲げる「家庭で保育できない理由」が必要です。

  • 月に60時間以上の就労(目安:1か月に15日以上、1日に4時間以上)
  • 妊娠、出産
  • 保護者の疾病、障害
  • 同居または長期入院している親族の常時介護、看護
  • 災害等
  • 求職活動(起業準備も含む)
  • 月に60時間以上の就学
  • 育児休業取得中(3歳以上児)
  • 虐待、DVのおそれがある場合
  • 上記以外に市長が認める事由に該当する場合

保育所入所基準表(PDF:146.9KB)

【新年度】一斉申込について

毎年、新年度から保育所等への入所を希望する人に、広報ちりゅう(10月1日号)で申込方法などを案内します。10月中旬から申込書等を配布し、11月初旬から中旬にかけて受付します。

広報ちりゅう(平成30年10月1日号)(PDF:732.1KB)

【現年度】随時申込について

年度途中の保育所等への入所受付は、市役所子ども課で随時行っています。入所希望日の2か月前から申込書等を子ども課で配布しますので、入所希望日の1か月前までに必要書類を提出してください。ただし、人数に空きがある保育所で受入れますので、定員に達している場合は待機となります。

平成31年度保育所入所案内(PDF:723.6KB)

平成31年度保育所入所日程(PDF:73.4KB)

平成31年度保育所入所指数表(PDF:293.1KB)

育児休業終了後の保育所等への入所を希望する人へ

育児休業法に基づく育児休業を取得中、または産後休暇中や妊娠中で育児休業を取得予定であって、現年度中に育児休業を終了し、職場復帰をする保護者を対象に事前予約を受付します。随時、市役所子ども課で申請書等を渡しますので、必要事項を記入して提出してください。
翌年度中に育児休業を終了する人は、広報ちりゅう(10月1日号)で申込方法などを案内します。一次締切後については随時受付しますが、すでに申込があった保護者を優先します。

育児休業後の復職時において保育所等への入所が認められない場合、育児休業を延長する際に、「保育所入所保留通知」の交付が必要となる人は、入所日程を確認して入所申込みをしてください。利用調整の結果、入所できないときは、保留通知を交付します。

広報ちりゅう(平成30年10月1日号)(PDF:732.1KB)

保育料の算定について

保育料は、保護者(父母または子どもを扶養している祖父母や同居の親族など生計の主宰者)の市町村民税額を基準として、「保育所保育料徴収基準額表」の階層区分により決定します。毎年9月に保育料の算定替えを行います。

多子軽減制度により、同時入所の第2子は徴収基準額の半額になります。ただし、私的契約児は除きます。
第3子保育料軽減制度により、第3子は無料になります。第3子とは、保護者が児童(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者をいう。)を3人以上養育している場合で、その出生の最も早い者から順に数えて第3番目以降の児童をいいます。ただし、私的契約児の第3子は月額10,000円を減じた額になります。
※階層区分がB~D3(D3階層は所得割額が57,700円未満の世帯に限る)の世帯は、多子軽減制度および第3子保育料軽減制度において年齢制限はありません。

階層区分がBからD5(D5階層は所得割額が77,101円未満の世帯に限る)であり、次の世帯に該当する場合は、保育料の軽減があります。

  • 母子家庭等
  • 身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の交付を受けている人がいる世帯
  • 特別児童扶養手当、国民年金の障害基礎年金等の支給を受けている人がいる世帯

婚姻歴のないひとり親家庭を対象に、申請に基づき寡婦(夫)控除のみなし適用を行います。希望する場合は申し出てください。

なお、支給認定を受けた保育時間を超えて利用する場合は、延長保育料がかかります。

※保育料とは別に、保育所で使用する教材等に費用がかかります。

平成31年度保育所保育料一覧表(PDF:151.3KB)

保育料の徴収について

保育料の納入期日は毎月25日(土曜日、日曜、祝日のときは翌金融機関営業日)です。口座振替で納めていただきます。

広域入所について

原則として、他市町村の保育所等には入所できませんが、里帰り出産や保護者の病気での療養などの理由がある場合で、他市町村が認めたときは入所できることもありますので、ご相談ください。

障がいのある子どもの受入れについて

中度または軽度の障がい児については、面談後、入所を検討して受入れを決定します。

給食について

保育所は給食となっています。アレルギーのある園児については、除去食としていますが、除去食で対応できない場合に限り、弁当を持参していただくことがあります。
0歳児を受入れしている保育園では、ミルク・離乳食を用意します。

病気やけがをしたとき

保育所で子どもが発病、けがをしたときは、保護者へ連絡するとともに嘱託医等への受診を行います。状況によっては保護者にお迎えをお願いします。

子ども・子育て支援新制度について

核家族化の進展や、共働き家庭の増加など、子育てをめぐる環境の変化を踏まえ、子育てや子どもの成長に喜びや生きがいを感じることができ、子どものより良い育ちを実現することをめざして、平成27年4月1日から実施しています。

子ども・子育て支援新制度(PDF:236.4KB)

福祉サービス第三者評価について

知立市の保育所は、平成19年から順次福祉サービス第三者評価を受けています。
福祉サービス第三者評価とは、福祉サービスの質を、当事者以外の公正・中立な第三者機関が、専門的かつ客観的な立場から評価する事業をいいます。
平成19年度以降、受審した評価結果が愛知県福祉サービス第三者評価推進センターのホームページで公表しています。

保育所の第三者評価の結果について(平成19年度)

保育所の第三者評価の結果について(平成20年度)

保育所の第三者評価の結果について(平成21年度)

お問い合わせ先
子ども課 保育係
〒472-8666
愛知県知立市広見3丁目1番地
市役所2階13番窓口
電話:0566-95-0121
ファックス:0566-83-1141
メールフォームでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。