現在の位置

未熟児養育医療費助成

未熟児養育医療費助成

身体の発達が未熟なまま生まれ、入院を必要とする乳児が指定医療機関で入院治療を受ける場合、その医療費を公費で負担する制度です。

対象となる人

知立市に住所を有し、医師が入院養育を必要と認めた赤ちゃん

助成の内容

指定医療機関での入院治療に対する、保険診療の自己負担分(ミルク代を含む)

知立市から発行する養育医療券を医療機関に提示することにより、窓口での負担がなくなります。

手続き

  • 赤ちゃんの名前が記載された健康保険証(発行が間に合わない場合は扶養する人のもの)
  • 養育医療意見書(指定医療機関の医師が記入したもの)
  • 認印
  • 世帯の所得を証明するもの(最近知立市に転入した等、前年の所得が知立市で確認できない方のみ。詳しくはお問合せください)

以上のものを持参の上、必ず退院する前にご申請ください。

その他ご不明な点は下記へお問合せください。

お問い合わせ先
国保医療課 医療係
〒472-8666
愛知県知立市広見3丁目1番地
市役所1階2番窓口
電話:0566-95-0151
ファックス:0566-83-1141
メールフォームでのお問い合わせはこちら