現在の位置

妊婦健診

定期的に妊婦健診を受けましょう


妊娠届出書を病院でもらったら、まずは保健センターへ
妊娠届出書を病院でもらったら、母子健康手帳と妊婦健診で使用する受診票(妊産婦乳児健康診査受診票)を受け取るために保健センターへお越し下さい。受診票を愛知県内の医療機関で使用すると、受診票に記載された診察と指定項目の検査費用が公費で負担されます。そのほかの検査を行ったときの費用は、本人が負担してください。医療機関によっては、一部使用できない場合がありますので、事前に各自で医療機関に確認してください。

なお、妊産婦歯科健診は、知立市内の指定歯科医院でのみ使用できます。歯周病は早産のリスクを高めます。妊娠安定期には妊産婦歯科健診を受けましょう。

受診票は、受診日時点で知立市に住民登録のある人のみ使用できます。知立市外へ転出した場合や、生まれたお子さんが知立市外で住民登録された場合は、知立市の受診票は使用できませんので、受診前に、住民登録のある市区町村の発行する受診票と交換してください。
また、知立市へ転入された人は、転入前の市区町村で発行された受診票を知立市の受診票と交換します。受診前に、母子健康手帳と転入前の市区町村で発行された受診票を持って、知立市保健センターまでお越しください。

助産院や県外の医療機関で妊産婦・乳児健康診査を受診する方へ


県外の医療機関や県内外の助産院で受診された場合、妊産婦・乳児健康診査分(診察と指定項目の検査費用)の自己負担額を、受診票の限度額の範囲で助成します。そのほかの検査を行ったときの費用や、保険診療分は助成されません。医療機関等で、受診した検査内容にあわせた受診票の裏面(報告書)に、健康診査の結果を記入してもらい、領収書を忘れずに受け取ってください。
なお、助産院を受診した場合の助成は、助産院で使用できる受診票に限ります。

《申請場所》
知立市保健センター
 

《申請に必要なもの》
妊産婦・乳児健康診査費支給申請書
窓口もしくは下記よりダウンロードしてください。
 

・妊産婦・乳児健康診査受診票
氏名、生年月日および医療機関による報告書(結果の記載があるもの)
 

・領収書(原本)

原本返却希望の場合は原本とそのコピー


・母子健康手帳


・印鑑


・申請者の振込先金融機関の口座のわかるもの

 

妊産婦・乳児健康診査費支給申請書のダウンロードはこちらから

妊産婦・乳児健康診査費支給申請書(PDF:95.2KB)

お問い合わせ先
健康増進課 母子保健係
〒472-0031
愛知県知立市桜木町桜木11-2
知立市保健センター
電話:0566-82-8211
ファックス:0566-83-6591
メールフォームでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。