現在の位置

1-4.家庭用エネルギー管理システム設置補助事業

知立市では、地球温暖化防止対策の一環として家庭での効率的なエネルギー利用の促進を通して温室効果ガスの削減を図るため、住宅用地球温暖化対策設備の設置に要した費用の一部を予算の範囲内で補助金を交付します。

申請期間

2019年4月1日(月曜日)~申請受付開始

補助要件及び金額

補助要件及び金額
システム名 補助要件 補助金額
家庭用エネルギー管理システム

・「ECHONET Lite」規格を標準インターフェイスとして搭載しているものであること。

・タブレット、スマートフォン、パソコン又は家庭用エネルギー管理システムに付随する専用モニターにより、電力使用量を表示できるものであること。

・住宅全体の電力使用量を30分間隔以内で計測し、1時間以内の単位で1ヶ月以上、1日以内の単位で13ヶ月以上蓄積できるものであること。

・分岐回路単位の電力使用量、部屋単位の電力使用量、電気機器単位の電力使用量のいずれかを30分間隔以内で計測し、1ヶ月以上、1日以内の単位で13ヶ月以上蓄積できるものであること。

ただし、燃料電池で発電された発電量、太陽光発電施設の設置による発電量及び売電量、蓄電池の設置による充電量及び放電量(以下「発電量及び充電量等」という。)のいずれかを計測し、蓄積できる場合はその限りではない。

・一つ以上の設備又は電気機器に対して、電力使用量を削減するための制御又は蓄電池等の蓄エネルギー設備を用いたピークカット、ピークシフト制御を自動的(使用者の確認を介した半自動制御を含む。)に実行できるものであること。

・太陽光発電施設等の創エネルギー設備及び蓄電池等の蓄エネルギー設備との接続機能を有しており、発電量等、充電量等の情報が取得又は計測できるものであること。

・電力使用量に関わる情報に基づき、電力使用量の削減を促す情報提供を行うことができるものであること(目標達成状況を提示する省エネ評価を含む)。

・設置前において使用に供されていないもの

1基 8千円

注意事項

※第三者の所有する住宅に居住する場合にあっては、当該住宅への設備の設置について所有者の承認を得ていること。

次のような場合は、補助を受けることが出来ません。

  • 申請をする前に設置工事を開始している場合
  • 知立市税を滞納している場合
  • リース等でシステムの所有権が設置者に移転しない場合

必要な申請書類

申請書類については、次のものが必要です。

1.補助金交付申請書(様式第1その5)
2.システム設置概要書(様式第2その5)
3.システムの設置予定場所の案内図
4.システムの設置予定場所の配置図(間取り図、平面図等)
5.工事請負契約書の写し(契約書がない場合は見積書の写し、建売住宅の購入者は売買契約書の写し)
※お客様控のもの
6.その他市長が必要と認める書類
※随時、必要に応じて提出をお願いすることがあります。

実績報告書の提出について

事業完了後速やかに、かつ2020年3月10日(火曜日)までに実績報告書類一式を提出してください。

申請書類等(ダウンロードしてご利用ください。)

【様式】

1.補助金交付申請書(様式第1その5)(PDF:89.8KB)

2.システム設置概要書(様式第2その5)(PDF:90KB)

3.実績報告書(様式第4その4)(PDF:116.2KB)

4.領収金額内訳書(様式第5その5)(PDF:81.3KB)

5.請求書(様式第6)(PDF:97.3KB)

【記入例】

家庭用エネルギー管理システム記入例(PDF:784.7KB)

お問い合わせ先
環境課 環境保全係
〒472-8666
愛知県知立市広見3丁目1番地
市役所2階7番窓口
電話:0566-95-0154
ファックス:0566-83-1141
メールフォームでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。