現在の位置

境川・猿渡川流域水害対策計画を策定しました

大雨から守ろう! 大切なまち

(イラスト)総合治水対策

流域全体で洪水からまちを守ろう

境川・猿渡川流域では、都市化の進展が著しく田畑やため池の減少などから、度々浸水被害が発生しています。浸水被害解消のため河川の整備を進めていますが、都市化などによる流出量の増大が進んでいるため、雨を貯める施設を学校や公園につくるなど、降った雨を河川と流域全体で分担する「総合治水対策」に取り組んでいます。

今後、浸水被害の軽減や住宅の床上浸水解消を着実に進めるためには、河川や雨水管渠などの整備について、より連携を図ることとし、今ある調整池やため池の保全を行うことで、流域全体の安全性を向上させる必要があります。

そのため、愛知県と知立市を含む流域内の10市2町が共同して、対策の実施計画である「流域水害対策計画」を下記のとおり策定しました。これからも大切なまちを大雨から守るため、流域のみなさんにご理解とご協力をいただきながら、総合治水対策に取り組んでまいります。
 

総合治水対策ホームページ

流域水害対策計画ダウンロード

(イラスト)総合治水ロゴ

「愛知県での特定都市河川浸水被害対策法に関する取り組みのシンボルマーク」
このシンボルマークは、雨のしずくを受け、水を貯め、緑をはぐくむことをイメージしたものです。

お問い合わせ先
土木課 河川工務係
〒472-8666
愛知県知立市広見3丁目1番地
市役所4階21番窓口
電話:0566-95-0163
ファックス:0566-83-1141
メールフォームでのお問い合わせはこちら