現在の位置

知立の名所・伝統

知立の名所・伝統

知立公園花しょうぶ園・知立神社

地名発祥の地でもある由緒ある神社

(写真)知立神社

西三河一の名社で日本武尊がもとを作ったと伝えられています。境内に建てられている「多宝塔」は、国の重要文化財であり、古額、舞楽面、能面等は県指定に、獅子頭面他9点は市指定の文化財になっています。
また、隣接する知立公園の花しょうぶが咲き誇る6月は圧巻。

知立神社

八橋かきつばた・無量壽寺

一面のかきつばたは神秘的な美しさ

(写真)八橋かきつばた

「からころも きつつなれにし つましあれば はるばるきぬる たびをしぞおもふ」平安の歌人在原業平が「かきつばた」の5文字を句頭に詠んだ八橋は、伊勢物語の昔から広く知られるかきつばたの名勝地です。

無量壽寺

八橋史跡保存館

かきつ姫公園

在原業平が唐衣の歌を詠んだ場所

(写真)かきつ姫公園

在原業平がかきつばたの五文字を折句して唐衣の歌を詠んだ所と伝えられています。現在はかきつ姫公園の中に、幾代目かを数える松が植えられています。

かきつ姫公園

三河三弘法「遍照院」

弘法大師の縁日はひと味違うラインナップ

(写真)三河三弘法「遍照院」

三河三弘法の第1番札所である遍照院には弘法大師の自像三体のうちの一体「見返弘法大師」が祀られています。毎月、旧暦21日の命日には参道に300余りの店が出て多くの善男善女の参拝で賑わいます。
 

遍照院

知立の特産品

知立の特産品

知立の山車文楽とからくり

山車文楽・からくり

国指定重要無形民俗文化財・ユネスコ無形文化遺産「知立山車文楽」

国指定重要無形民俗文化財・ユネスコ無形文化遺産「知立の山車からくり」

宿場町池鯉鮒

東海道五十三次39番目の宿場町池鯉鮒

(写真)東海道五十三次39番目の宿場町池鯉鮒

東海道五十三次 39番目の宿場町池鯉鮒

お問い合わせ先
経済課 商工観光係
〒472-8666
愛知県知立市広見3丁目1番地
市役所2階8番窓口
電話:0566-95-0125
ファックス:0566-83-1141
メールフォームでのお問い合わせはこちら