【新型コロナ関連】マスク着用時は熱中症に特に注意しましょう!(令和4年6月23日更新)

マスク着用により、熱中症のリスクが高まります

新型コロナウイルス感染予防のため、マスクを着用する機会が多くなっています。

マスクは飛沫の拡散予防に有効で、「新しい生活様式」でも一人ひとりの基本的な感染対策として着用をお願いしていますが、高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなる恐れがあります。屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。

マスクを着用する場合には、強い負荷作業や運動を避け、のどが渇かなくてもこまめに水分補給に心がけましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、マスクを一時的にはずして休憩することも必要です。

 

下記の「「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント」を確認していただき、例年よりもいっそう熱中症にご注意いただくとともに、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ「新しい生活様式」の実践をお願いいたします。

熱中症対策

チラシは下記からダウンロード可能です。

マスク着用でより危険!熱中症にご注意下さい(PDF:299.1KB)

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

熱中症予防×コロナ感染予防で「新しい生活様式」を健康に!

 

チラシは下記からダウンロード可能です。

「新しい生活様式」を健康に!(PDF:563.3KB)

屋外・屋内でのマスク着用について(PDF:386.7KB)

子どものマスク着用について(PDF:165.1KB)

お問い合わせ先
健康増進課 成人保健係
〒472-0031
愛知県知立市桜木町桜木11-2
知立市保健センター
電話:0566-82-8211
ファックス:0566-83-6591
メールフォームでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。