現在の位置

高額医療・高額介護合算制度

制度について


医療保険と介護保険によって、私たちは、医療費や介護サービス費の一部を負担すれば、医療や介護を受けられます。しかし、長期間にわたって継続的に治療や介護サービスを受ける場合、家計の負担は軽くありません。そこで、平成20年4月から同じ世帯(同じ医療保険制度)で1年間に自己負担した医療費・介護費を合算した額が一定の金額を超えた場合、その超えた分が申請により支給される制度が導入されました。

支給要件


介護保険と医療保険の両方に自己負担がある世帯のうち、加入する医療保険(1,国民健康保険、後期高齢者医療制度など)ごとに合算されます。(同一の世帯に属する者同士であっても、加入する医療保険制度が異なる場合は、自己負担額の合算はされません)


1,このほか、船員保険(船員)、共済組合(公務員、私立学校教職員)にご加入の方も対象となります。
合算対象を判断する基準日は、計算期間の末日(7月31日)です。

例えば・・・

夫婦ともに75歳以上で市町村民税非課税の2人世帯の場合、高額医療・高額介護合算療養費制度の自己負担限度額は31万円になります。1年間に夫の医療費負担が28万円、妻の介護費の自己負担が28万円あった場合、世帯全体での負担額は56万円になりますが、高額医療・高額介護合算療養費制度の支給申請をすることによって、自己負担限度額を超えた分の25万円の支給を受けることができます。

 

自己負担限度額

(イラスト)自己負担限度額

(イラスト)注意書き

申請手続きについて

後期高齢者医療制度、国民健康保険に加入している人は

支給の対象となる被保険者の方には医療保険者からお知らせします。

協会けんぽ、組合健保、船員保険、共済組合等の被用者保険に加入している人

  1. 医療保険者(社会保険等)に申請方法を問い合わせます。
  2. 介護保険担当課に「支給申請書兼自己負担額証明書交付申請書」を提出し、「自己負担額証明書」を受け取ります。
  3. 医療保険者に自己負担額証明書を添えて、支給の申請をします。
お問い合わせ先
長寿介護課 介護保険係
〒472-8666
愛知県知立市広見3丁目1番地
市役所1階6番窓口
電話:0566-95-0122
ファックス:0566-83-1141
メールフォームでのお問い合わせはこちら