現在の位置

知立駅付近連続立体交差事業知立駅仮駅舎の使用開始について

愛知県では、知立市における鉄道による踏切渋滞や地域の分断を解消し、都市交通の円滑化、周辺市街地の生活環境や都市機能の向上を図るため、知立駅を中心とした名古屋本線及び三河線の鉄道施設約4.3km(名古屋本線約1.6km、三河線豊田方約1.2km、三河線碧南方約1.5km)を高架化する事業(知立駅付近連続立体交差事業)を2010年から行っています。本事業により、市道知立中央通線と交差する踏切を始め10か所の踏切が除却されます。
 

この度、高架本体工事を行うため、北改札口側にある現駅舎を仮駅舎へ切替えいたします。

今後も名古屋本線・三河線の仮線工事や高架本体工事を継続して施工します。

1 知立駅仮駅舎の使用開始

令和元年12月14日(土曜日)始発列車から

※予備日:翌日(列車の運行状況等によっては、順延する可能性があります)

2 今回の切替内容

知立駅北改札口側にある現駅舎を仮駅舎に切り替えます。

3 その他

詳細は、仮駅舎記者発表資料をご覧いただくか、愛知県のホームページをご覧ください。

仮駅舎記者発表資料(PDF:1.1MB)

愛知県発表ページ

お問い合わせ先
都市開発課 鉄道高架係
〒472-0036
知立市堀切1丁目10番地
市街地整備事務所
電話:0566-85-5882
ファックス:0566-82-5775
メールフォームでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。