現在の位置

道路後退(後退用地測量費等補助制度)

狭あい道路に係る後退用地に関する要綱について

知立市では、狭あい道路に関し、後退用地の確保及び適正な管理について必要な事項をこの要綱で定め、生活道路の整備を促進し生活環境の向上を図っています。

また、平成27年度より、後退用地を寄附するために必要な費用の一部について、市から補助を受けることができるようになりました。

狭あい道路について

狭あい道路とは、建築基準法第42条第2項の規定により指定された、幅員が4メートル未満の道路のことをいいます。(対象となる道路の確認は、建築課建築係にお問い合わせください。)

このような道路に面している敷地で、建物の新築・増改築工事などをされる場合、道路中心線から2メートルまで後退しなければなりません。

このとき、道路境界線から後退した部分を「後退用地」といいます。

後退用地に関する届出と補助金について

狭あい道路に面している敷地で、建築確認申請を受けようとするときは、あらかじめ後退用地に関する届出書を土木課に届け出てください。

また、その届出により承認を受けた後退用地の所有者は、その後退用地を市に寄附することができます。

さらに、後退用地を寄附するために要した測量及び分筆登記に係る費用について、補助を受けることができます。

なお、補助金額は、後退用地を寄附するために、必要となる測量及び分筆登記に係る費用の100分の50(千円未満端数切捨て)までとし、1件の上限が25万円です。

手続きの流れについて

後退用地の届出から補助金交付までの手続きの流れ(フロー図)、要綱及び様式については、以下のファイルをダウンロードしてください。

フロー図(PDF:241.9KB)

要綱(PDF:166.1KB)

(様式)後退用地に関する届出書(WORD:36KB)

お問い合わせ先
土木課 管理係
〒472-8666
愛知県知立市広見3丁目1番地
市役所4階22番窓口
電話:0566-95-0155
ファックス:0566-83-1141
メールフォームでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。