現在の位置

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

新型コロナウイルス感染症の影響の長期化に伴い、生活福祉資金の再貸付が終了するなどにより生活に困窮している世帯に対し、就労への自立を支援するため、また、それが困難な場合は生活保護の受給決定までの期間を支援するため、一定の要件を満たす方を対象に自立支援金の支給を行います。

 

1 自立支援金の支給

(1)支給額

ア 自立支援金は、月ごとに支給します。

 自立支援金の月額は以下の通りです。

支給額
単身世帯 6万円
2人世帯 8万円
3人以上世帯 10万円

(2)支給期間

3ヶ月

(3)支給方法

市から支給対象者の口座へ振り込みます。

2 支給対象者

○支給対象者は、次の6項目のいずれにも該当する者

(1) 都道府県社会福祉協議会が実施する緊急小口資金及び総合支援資金(初回)の特例貸付を借り終わったこと。

(2)  主たる生計維持者であること。

(3) 申請者及び申請者と同一世帯に属する者の収入の合計額及び貯金等の合計額が、以下の「基準額」以下の者であること。

支給対象条件
世帯員数 収入基準額 貯金等基準額
1人 118,000円 486,000円
2人 168,000円 744,000円
3人 207,100円 954,000円
4人 245,100円 1,000,000円
5人 283,100円 1,000,000円

(4)  ハローワークに求職の申込みをし、常用就職を目指し誠実かつ熱心に求職活動を行うこと。

(5) 申請者及び申請者と同一世帯に属する者が、職業訓練受講給付金または生活保護費を現に受給していないこと。

(6) 申請者及び申請者と同一世に属する者のいずれもが、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員でないこと。

3 支給対象者の義務

○ 支給対象者の方には支給期間中、常用就職に向けた以下の就職活動を行っていただく必要があります。

1.月1回以上、自立相談支援機関(知立市社会福祉協議会)の面接等の支援を受ける。

2.月2回以上、ハローワークで職業相談等を受ける。

3.原則週1回以上、求人先へ応募を行う又は求人先の面接を受ける。

 

○就労による自立が困難であり、生活の維持が困難な場合は、生活保護の申請を行い、当該申請に係る決定が行われていない状態にあること。

4 申請様式等

様式1-1 申請書(PDF:137.8KB)

様式1-2 申請時確認書(PDF:136.2KB)

様式1-3 申告書(PDF:97.3KB)

申請時は様式1-1申請書及び様式1-2申請時確認書とあわせて、様式1-2申請時確認書裏面に記載の添付書類の提出が必要となります。

5 申請方法

相談・申請は、知立市役所福祉課(市役所1階5番窓口)で受け付けています。
 

申請時は申請書類をご持参いただくか、郵送により提出してください。

お問い合わせ先
福祉課 保護援護係
〒472-8666
愛知県知立市広見3丁目1番地
市役所1階北側5番窓口
電話:0566-95-0149
ファックス:0566-83-1141
メールフォームでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。