現在の位置

教育部

教育部 Education and Culture Department

野村教育部長

教育部長

野村 裕之 (のむら ひろゆき)

私の仕事宣言

当初目標

担当部署課題目標

(今期重点目標)

達成基準

施策・手段・方針

(どのようにすれば達成可能か)

年度振返り(実績評価)

(1)教育委員会所管施設の環境整備

・知立小学校の長寿命化改良工事の実施設計

・野外センターのあり方についての検討

・長寿命化工事内容の精査および仮設校舎の検討

・野外センターについて継続の場合に必要となる改修案の検討、廃止の場合の代替案、スケジュール等について検討する

知立小学校の長寿命化工事については内容の精査を行い実施設計完了。

仮設校舎については使用しない方針とする。

野外センターについては、野外学習を県内他施設で実施しメリット、デメリットについて検討。

(2)教員の働き方改革

平成30年度に勤務時間外の月在校時間80時間超の割合を小学校5%以下、中学校20%以下を目指す

29年度の取り組み内容をさらに進め、教員の心身の健康を保ち、子どもたちへのより質の高い教育を保障していく

会議、行事、研修等を精査し月在校時間80時間超の教員の割合が減少した。(小14%・中20.8%)今後も取組みをさらに進める。

(3)生涯学習の推進

・生涯学習フェスティバルへの来場者の増員を図る

・生涯学習推進計画策定の検討

・生涯学習フェスティバルの開催方法の見直し

・生涯学習推進計画の策定方法の検討および骨子確定

生涯学習フェスティバルにおいて体験型講座が好評であったため更に充実していく。

生涯学習推進計画の策定は進まなかったが今後団体ヒアリング、アンケート等を実施し市民意向について把握していく。

(4)歴史、文化・芸術の振興

歴史文化基本構想、文化芸術基本条例の周知に努めるとともに、市民の歴史・文化・芸術への理解度を深める

・文化芸術振興に係る基本計画策定に向けた準備

・条例、構想の周知

平成31年度から2ヵ年で文化芸術に関する基本的な計画を策定する。

また、文化芸術の推進に関する重要事項を調査審議するため文化芸術推進会議を設置する。

お問い合わせ先
企画政策課 地方創生SDGs係
〒472-8666
愛知県知立市広見3丁目1番地
市役所4階25番窓口
電話:0566-95-0114
ファックス:0566-83-1141
メールフォームでのお問い合わせはこちら