現在の位置

マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

令和3年3月より(予定)マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

令和3年3月より、医療機関や薬局の受付でマイナンバーカードを顔認証付きバーコードリーダーにかざすだけで健康保険証として利用できます

(総務省HP)マイナンバーの保険証利用について

(総務省リーフレット)マイナンバーカードが健康保険証に

どんないいことがあるの?

就職や転職、引っ越しをしても健康保険証としてずっと利用できます

※市役所や各種健康保険組合等の医療保険者への加入の届け出は引き続き必要です

特定健診や薬の情報をマイナポータルで一括管理

マイナポータルにアクセスすると、特定健診情報や薬剤情報、医療費情報が見られます。

また、あなたが同意すれば初めての医療機関でも、今まで使った正確な薬の情報が医師等と共有できます。

限度額認定証がなくても、限度額以上の支払いが免除されます。

今まで限度額認定証の交付を申請して、発行してもらったものを医療機関に提示していましたが、マイナンバーカードがあれば、限度額認定証は必要ありません

マイナポータルからe-Taxに連携し、確定申告が簡単に

マイナポータルを利用した医療費情報の自動入力で、確定申告の医療費控除がカンタンに

安心してください

マイナンバーカードの健康保険証利用には、ICチップの中の「電子証明書」を使うため、医療機関や薬局の受付窓口でマイナンバー(12桁の数字)を取り扱うことはありません。また、ご自身の診療情報がマイナンバーと紐づくことはありません。

現在の健康保険証が利用できなくなるわけではありません。

利用申し込みはかんたん(今すぐ申し込み可能)

まずは必要なものをチェック

1.利用者本人のマイナンバーカード+あらかじめ設定した暗証番号(4桁)

2.マイナンバーカード読取対応のスマホ,又はPC+ICカードリーダー

3.「マイナポータルAP」のインストール

手順1 ブラウザで「マイナポータル」と検索し、マイナポータルへアクセスする

※「マイナポータルAP」は閉じてください

手順2 「健康保険証利用の申込」の「利用を申し込む」をクリックする

手順3 利用規約等を確認して、同意する

※併せてマイナポータルの利用者登録が行えます

手順4 マイナンバーカードを読み取る

スマートフォン

数字4桁の暗証番号を入力し、マイナンバーカードをスマホにぴったりとあてて、読みとり開始ボタンを押します。

パソコン

ICカードリーダーでマイナンバーカードを読み取り、数字4桁の暗証番号を入力します。

申し込み完了!

市役所での申し込みは

令和2年5月8日(金曜日)から令和3年3月31日(水曜日)までの間は

最大5000円相当分のポイントがもらえる「マイナポイント」と同時届け出をすることができます。

知立市役所1階 会計課前に

マイナポイント予約支援窓口を設置していますのでこちらへお越しください。

もしくは

知立市役所1階 国保医療課窓口へお越しください。

いつから使えるの?

現在

マイナポータルで、利用申込事前登録受付中

令和3年3月(予定)から

医療機関、薬局などで順次マイナンバーカードの健康保険証利用が可能に

マイナポータルで、順次特定健診情報の閲覧が可能に

令和3年10月(予定)から

マイナポータルで、薬剤情報、医療費情報の閲覧が可能に

令和3年分所得税の確定申告(予定)から

確定申告における医療費控除の手続きで、マイナポータルを通じて医療費情報を自動入力することが可能に

 

よくある質問をまとめました(総務省)

よくある質問(総務省)(PDF:453.4KB)

お問い合わせ先
国保医療課 国保年金係
〒472-8666
愛知県知立市広見3丁目1番地
市役所1階2番窓口
電話:0566-95-0123
ファックス:0566-83-1141
メールフォームでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。