現在の位置

利用限度額と利用者負担について

介護保険で利用できる額には上限があります。

介護保険では、要介護度に応じて決められた利用限度額(区分支給限度基準額)の範囲内で利用することになります。この限度額の範囲内で介護サービスを利用すれば、利用者負担額は原則費用の1割(※一定以上所得者は2割もしくは3割)となり、残りの9割(一定以上所得者の場合は8割もしくは7割)は介護保険より給付されます。

※2割負担者のうち、特に所得の高い層の割合は、平成30年度(2018年度)8月より3割負担となります。

支給限度額

なお、同じ月に利用したサービスの利用者負担の合計額が高額になった場合は、高額介護サービス費が支給されます。詳しくは下記リンクをご覧ください。

高額介護サービス費の支給申請はお済みですか

在宅サービスの利用限度額(1か月につき)

在宅サービスを利用する際、要介護状態区分に応じて利用できる費用の上限(支給限度額)が決まっています。上限を超えてサービスを利用した場合は、超えた分の全額(10割)が自己負担となります。

 

利用限度額
要介護度 利用限度額(1ヶ月) 自己負担額
要支援1 50,030円

支給限度の範囲内の1割(一定以上所得者の場合は2割はもしくは3割)を負担します。

(例えば、要介護3で1割負担の場合26,931円の

範囲で自己負担します。)

要支援2 104,730円
要介護1 166,920円
要介護2 196,120円
要介護3 269,310円
要介護4 308,060円
要介護5 360,650円

 

上記の利用限度額とは別枠のサービス(自己負担1割または2割)

福祉用具の購入

住宅改修

居宅療養管理指導

介護予防居宅療養管理指導

お問い合わせ先
長寿介護課 介護保険係
〒472-8666
愛知県知立市広見3丁目1番地
市役所1階6番窓口
電話:0566-95-0122
ファックス:0566-83-1141
メールフォームでのお問い合わせはこちら