現在の位置

知立市では駅周辺整備事業の早期実現のため法人市民税超過課税を実施しております。

超過課税とは?

地方税法で標準税率が定められている税目について「財政上その他の必要がある場合(地方税法第1条)」に、標準税率を超えた税率で課税することをいいます。

 

知立市の超過課税

知立市では、法人市民税の法人税割で超過課税を導入しており、資本金等の金額が1億円を超える法人を対象に、標準税率6.0/100に超過税率2.4/100を加えた「8.4/100(8.4パーセント)」を税率としています。また、超過課税は条例で定められた期間中(令和8年3月30日までの間に終了する各事業年度まで)を対象としております。

なお、資本金等の金額が1億円以下の法人の税率は「6.0/100(6.0パーセント)」です。

このことは、知立市税条例の制定附則第22条で定めております。詳しくは、知立市例規集でご確認いただけます。

例規集・要綱集、行政手続

 

 

超過課税した税の使い道は?

皆様から超過課税でお預かりした貴重な税収は、駅周辺整備事業(知立駅付近連続立体交差事業や知立駅周辺土地区画整理事業など)に充てさせていただいております。
事業の詳細は、都市開発課のウェブサイトでご覧いただけます。

業務案内~都市開発課

 

 

最近の税収は?

知立市の市税の収入(歳入)は、令和2(2020)年度決算で約127.5億円です。そのうち、法人住民税は約7.1億円で、そのうち超過課税相当額は約0.9億円です。


 

知立市の税収グラフ(令和2(2020)年度)

【参考】法人市民税(超過課税)の税収推移
年 度 単位:百万円

超過税収割合

法人市民税収 うち超過税収
A B B÷A
平成18(2006) 940 40 4.3%
平成19(2007) 1,226 75 6.1%
平成20(2008) 1,227 70 5.7%
平成21(2009) 401 9 2.2%
平成22(2010) 518 15 2.9%
平成23(2011) 831 53 6.4%
平成24(2012) 813 38 4.7%
平成25(2013) 559 33 5.9%
平成26(2014) 762 56 7.3%
平成27(2015) 858 84 9.8%
平成28(2016) 655 55 8.4%
平成29(2017) 794 78 9.8%
平成30(2018) 1,137 139 12.2%
令和元(2019) 1,018 124 12.2%
令和2(2020) 709 87 12.3%
累計 11,739 956 8.1%

 

お問い合わせ先
税務課 市民税係
〒472-8666
愛知県知立市広見3丁目1番地
市役所1階4番窓口
電話:0566-95-0116
ファックス:0566-83-1141
メールフォームでのお問い合わせはこちら